子育てと仕事の両立情報 パパママ GoodLife

ワークライフバランス、両立、子育て、育児、イクメン、キャリア、再就職、職場復帰、カウンセリング、相談

パパママ GoodLife

キーワード「ワーキングマザー」を含む記事

仕事を頑張ってきた40~50代女性のキャリア相談には特徴があります。「体力が落ちたのか、疲れやすい。」ということの延長線上にあるキャリアの悩みの相談が多いのです。たとえば・・・ 営業として、今後も若い男性と互角に頑張っていける自信がもてない(同年代の男性は管理職になっているが、女性は担当者として若手・中堅社員と同じ仕事をしているため) 管理職試験を受けるように(もしくは異動して幅を広げるように)...続きを見る

新年、明けましておめでとうございます。今年も新しいタイプの仕事が決まっていて、ワクワクしています。 今年の抱負は、「セミナーを参加者と一緒に創る」と「カウンセリングで本当に言いたいことを一緒にことばにする」です。 「セミナーを参加者と一緒に創る」 セミナー途中で参加者から「これについても話し合いたい」という声がかかるような、参加者にある意味の”ゆとり”を感じてもらえる運営をさらに目指します。そし...続きを見る

先日、長男の友達で、お母さんが専業主婦の女の子から唐突に、「どうして○○くんのお母さん(私のこと)は、お母さんなのにお仕事をしているの?」と聞かれました。身近に家事労働以外に職業労働をしている女性がいないと、そういう疑問をもつのでしょうね。 自分の子供たちからは、「なんでお母さんなのにお仕事をしているの?」と一度も聞かれたことがなかったので、とっさに子供にわかりやすい答えが浮かばず、「そうねぇ、や...続きを見る

新年になると、アクセスが急上昇する記事があります。それは、、、 「抱負」「目標」のキーワードが入った記事です。1年の最初は、他人の抱負や目標が気になるのかもしれません。 もしかしたら、会社の年頭の挨拶等で気の利いたことを言わなければならないプレッシャーがある人がいるのかもしれません。大変そうですね。。。 ということで、私の今年の目標は「人(家族もお客様も、まだ会ったことのない誰かも)の役に立てるよ...続きを見る

うちの子どもたち、保育園児なのですが、幼稚園型の幼保一元化に行っているために平日行事が多い。恵まれているのですが、遠足も多い。子どもも親も嬉しいのですが、遠足といえばお弁当。 ステキなキャラ弁をみては、スゴイなぁと思うものの、ズボラな私にはムリとも思う。幸い、子どもがふたりとも男の子だし♪ という言い訳をして、手抜き弁当を(笑)手抜きでもいいじゃない!ということで、世のお父さん、お母さんを勇気づけ...続きを見る

メディアに取り上げられている、活躍している女性たちは、なんだかスゴすぎる。あれは一般的な女性じゃないよね、あれを求められてもムリだよね、と言いたくなるのもムリはない。 もしかしたら、ご本人も、そんなつもりで言ったのではないのに、と思っているかもしれません。取材のなかで、どの部分を切り取って強調して伝えるかで、見え方は違ってきますので。後に続く女性たちに、自然体でがんばってね、とエールを送るつもりで...続きを見る

長男の妊娠はもう6年前になるけれど、妊娠中って、常にずっと、体が重くて、だるくて、眠くて辛かったな。だからといって、仕事の手を抜くわけにはいかないし。 なにより、夫がまったく理解してくれなかったのが、一番つらかった。仕事から帰って、ご飯を食べて、片付けまで至らずに横になっていると、「なにだらだらしているんだよ」とばかり言われていた。さすがに次男の妊娠のときは、わかったらしく、そっとしておいてくれま...続きを見る

子ども(5才と2才)の爪切り、髪切り、いつも一騒動です。はぁぁぁ~ 一昨日、嫌がってなかなか髪を切らせてくれない長男をなんとかなだめすかし、ようやく髪が切れました。昨日は、嫌がる次男を押さえつけ、なんとか手の爪だけを切りました。そして、今朝、次男を捕まえ、割れてギザギザになった足の爪をようやく切ることができました。 ああ、これでしばらくは、爪も髪も切らずに済む。 で、自分の爪は。。。 かなり伸び放...続きを見る

私自身、母乳育児にものすごいこだわりがありました。分娩台のうえで生まれたばかりの長男を抱いたとき、ぱっちりと目をあけて、小さな口をあけて、乳首をくわえる長男の生命力に感動したことを今でも忘れません。(もちろん、次男も同じ) でも、長男のときには、その気持ちがアダになりました。母乳がでなかったため、疲れるし、イライラばかりが募るし、自分の力不足で自信がなくなる、悪循環でした。 出産後の入院時に母乳...続きを見る

なんだか今年度は、長男(5才)も次男(2才)も病気が多いなぁ。12月は溶連菌感染症、1月は感染性胃腸炎、そして2月は今年2回目の溶連菌感染症。トホホです。 でも、安心なのは、病児保育のフローレンスに契約しているので、病気のときは「ピンク先生」が自宅に来てくれる。 ピンク先生が作ってくれたオバケとネコ 「ピンク先生」って???次男が病児保育を利用した日、「今日はピンク先生と遊んで楽しかった~」と言...続きを見る